2013年06月13日

若冲を持って歩くシリーズ 若冲を持って歩くシリーズ「提若(ていじゃく)」



若冲を持って歩くシリーズ
「提若(ていじゃく)」

竹と漆の工芸品を持って歩くなんてことをやりたかった。

明治や大正の方はとてもおしゃれ。

日本文化を洒落家をもって身の回りに置いた。

海外のブランドも素敵だけど
日本の工芸品はもっと素敵ですよ。
そんな気持ちでつくっています


堤若−虎図2-2pg.jpg




今回は若冲の「虎図」

身の回りに存在する動植物を描いた若冲ですが
虎だけは当時日本にいませんでした。

中国宋時代の「猛虎図」を模写しました。
若冲も李龍民の絵を写し、自分の形で表現しました



堤若−虎図2-4jpg.jpg



堤若−虎図2-3jpg.jpg




私たちも「写し」として竹と漆で描いていますが
今回は竹に虎図の松を描き
根付は虎が立体になりました

虎はハートを抱えています♡



根付虎.jpg





posted by 田辺 小竹 at 11:20 | Comment(1) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若冲の虎をイメージした根付。
かわいらしいですね。ところでこれは販売されているのでしょうか?欲しくなりました。
Posted by camomania at 2015年12月27日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。